墓じまいという選択をする人も増えています

盆や彼岸が近づくと遠方の人でもはるばる先祖の墓に来て墓参りをする人が多くいます。年に数回のことではありますが、ご先祖様はとても喜んでいることでしょう。自宅からすぐに行ける範囲内に墓地がある場合、特にお年寄りなどは早朝から数日おきに墓参りをしています。しかし、時代が変わると事情も変わります。お年寄りもいつまでも元気でなく、体力的に墓参りができない時がきます。息子や娘がいたとしても、遠方にいて墓を管理できないという人も多いです。これからの時代では、結婚もせず、跡継ぎもいなくなり管理してくれる人がいないという家系も多く出てくるでしょう。墓は管理しなければ荒れます。最近では墓の清掃や管理の代行をしてくれる業者もいますが、よく考えて墓じまいという決断をする人もいます。現在では、墓じまいのサービスを提供する企業もあり、これから墓じまいを依頼する人は益々増えていくことが予想されます。

墓じまいを行う方法と注意点です

お墓に対する意識の変化や、お墓が遠く管理が出来ないまた、少子化でお墓を継承する人がいないなどのさまざまな理由で墓じまいは行われます。一言で墓じまいと言っても分かりにくいですが、お墓を撤去して更地に戻し、お墓の権利をお寺や霊園に返還する事です。お墓を撤去するという事は、その中に入っていた遺骨をどうするかも問題になります。永代供養がいらない散骨にするか、別の場所に改葬するかなど、その点も考える必要があります。またお墓の撤去を行ってもらうには、墓石業者を頼まなければいけません。墓石業者は多くありますが、お寺や霊園によって違いますが指定の業者がある場合もあります。その事は、墓じまいをするという意思をお寺や霊園に伝える際に確認しておく必要があります。その後、お寺や霊園、墓石業者の人と話し合い日程が決まります。必要書類などもありますから、よく調べてから準備しておく必要があります。先祖の遺骨のお墓を閉めるわけですからトラブルにならないように、慎重に行う事が大切です。

墓じまいを今行って後世に迷惑をかけるな

今の時代は人口減少と言われ始めてから約10年ほど経ち、残念ながら今後もその傾向が継続されると予想されます。人口減少の時代では空き家と同様にお墓の管理も個人にとって大きくのしかかろうとしています。後継世代が他所に移住するとお墓の管理はすぐに駆け付けてできるほど容易ではありません。そのため管理料が継続して要らないとされる永代供養墓などの存在が拡大しているのは既に周知のとおりです。そしてすでに設置されている既存のお墓に関しても、これまでは撤去などの話題自体がタブーとされてきましたが、今では時代を反映してその話題にも踏み込めるようになってきています。そして現実に墓じまいをサポートしてくれる存在がちらほら目立ち始めるようになりました。もうすでにお墓のある地域へ移住する可能性も限りなく低く、自分たちで墓の管理自体がままならない場合は、後継世代に迷惑をかけないように墓じまいを自分たちの時代のうちに行うことが1つの大事な懸案事項となります。